ビバホーム商品検索サービス利用規約

この規約は、お客様が、株式会社LIXILビバ(以下「LIXILビバ」といいます)が提供する「LIXILビバ商品検索システム」をご利用いただく際の取扱いにつき定めるものです。本規約に同意したうえで「LIXILビバ商品検索システム」をご利用ください。

第1条(定義)

本規約上で使用する用語の定義は、次に掲げるとおりとします。

  1. 本サービス
    LIXILビバがWEBサイト上で運営する、スーパービバホーム、ビバホーム各店で取り扱っている商品およびそれらの在庫状況を検索するシステム「LIXILビバ商品検索システム」
  2. 本コンテンツ
    本サービス上で提供される文字、音、静止画、動画、ソフトウェアプログラム、コード等の総称(投稿情報を含みます)
  3. 利用者
    本サービスを利用する全ての方
  4. 知的財産
    発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(発見または解明がされた自然の法則または現象であって、産業上の利用可能性があるものを含みます)、商標、商号その他事業活動に用いられる商品または役務を表示するもの及び営業秘密その他の事業活動に有用な技術上または営業上の情報
  5. 知的財産権
    特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利または法律上保護される利益に係る権利
第2条(本規約への同意)

利用者は、本規約に同意いただいたうえで、本サービスを利用できるものとします。

第3条(規約の変更)
  1. LIXILビバは、利用者の承諾を得ることなく、いつでも、本規約の内容を改定することができるものとし、利用者はこれを異議なく承諾するものとします。
  2. 利用者は、本規約変更後、本サービスを利用した時点で、変更後の本規約に異議なく同意したものとみなされます。
第4条(本サービスの利用等)
  1. 利用者は、自己の費用と責任において、本サービスを利用するために必要な端末、通信機器、ソフトウエア、インターネット接続環境等(以下「端末等」といいます)を準備したうえで、本サービスの利用をするものとします。
  2. 利用者は、本サービスの利用について自らの責任と判断により行うものとし、本規約に基づいて本サービスを利用することができるものとします。
第5条(本規約の適用)
  1. 本サービスの利用条件等については、LIXILビバが当該本サービスに個別に利用条件等(以下「個別規約等」といいます)を定めない限り、本規約が適用されるものとします。なお、LIXILビバが本サービスに個別規約等を定める場合、 利用者は、当該本サービスの利用にあたり、本規約のほか、当該本サービスの個別規約等に同意していただく必要 があります。
  2. 利用者は、本サービスの利用について自らの責任と判断により行うものとします。
第6条(利用料金)

本サービスの利用料金は無料とします。ただし、本サービスにかかる一切の通信料は、利用者のご負担となります。

第7条(禁止行為)

本サービスの利用に際し、LIXILビバは、利用者に対し、次に掲げる行為を禁止します。LIXILビバにおいて、利用者が禁止事項に違反したと認めた場合、利用の一時停止、その他LIXILビバが必要と判断した措置を取ることができます。

  1. 本コンテンツに含まれるLIXILビバまたは第三者の知的財産権を侵害する行為
  2. LIXILビバまたは第三者の名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する行為
  3. LIXILビバまたは第三者の財産を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
  4. LIXILビバまたは第三者に経済的損害を与える行為
  5. LIXILビバまたは第三者に対する脅迫的な行為
  6. コンピューターウィルス、有害なプログラムを使用またはそれを誘発する行為
  7. 本サービス用インフラ設備に対して過度な負担となるストレスをかける行為
  8. 本サービスのサーバーやシステム、セキュリティへの攻撃
  9. 上記の他、LIXILビバが不適切と判断する行為
第8条(免責)
  1. LIXILビバは、本サービスの内容変更、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
  2. LIXILビバは、利用者の本サービスの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。
  3. LIXILビバは、本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・正確性・有用性を有すること、利用者による本サービスの利用が利用者に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、および不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。
  4. LIXILビバは、本サービスが全ての情報端末に対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、利用者はあらかじめ了承するものとします。LIXILビバは、かかる不具合が生じた場合にLIXILビバが行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。
  5. LIXILビバは、利用者の端末等自体のトラブルや表示等の不具合に起因して本サービスに不具合が生じた場合でも、一切の責任を負いません。
  6. LIXILビバは、利用者その他の第三者に発生した機会逸失、業務の中断その他いかなる損害(間接損害や逸失利益を含みます)に対して、LIXILビバがかかる損害の可能性を事前に通知されていたとしても一切の責任を負いません。
  7. 第1項乃至前項の規定は、LIXILビバに故意または重過失が存する場合又は本規約が消費者契約法上の消費者に該当する場合には適用しません。
  8. 前項が適用される場合であっても、LIXILビバは、過失(重過失を除きます)による行為によって利用者に生じた損害のうち、特別な事情から生じた損害については、一切賠償する責任を負わないものとします。
  9. 本サービスの利用に関しLIXILビバが損害賠償責任を負う場合、当該損害が発生した月に利用者から受領した利用額を限度として賠償責任を負うものとします。
  10. 利用者と他の利用者との間の紛争及びトラブルについて、LIXILビバは一切責任を負わないものとします。利用者と他の利用者でトラブルになった場合でも、両者同士の責任で解決するものとし、LIXILビバには一切の請求をしないものとします。
  11. 利用者は、本サービスの利用に関連し、他の利用者に損害を与えた場合または第三者との間に紛争を生じた場合、自己の費用と責任において、かかる損害を賠償またはかかる紛争を解決するものとし、LIXILビバには一切の迷惑や損害を与えないものとします。
  12. 利用者の行為により、第三者からLIXILビバが損害賠償等の請求をされた場合には、利用者の費用(弁護士費用を含みます)と責任で、これを解決するものとします。LIXILビバが、当該第三者に対して、損害賠償金を支払った場合には、利用者は、LIXILビバに対して当該損害賠償金を含む一切の費用(弁護士費用及び逸失利益を含みます)を支払うものとします。
  13. 利用者が本サービスの利用に関連してLIXILビバに損害を与えた場合、利用者の費用と責任においてLIXILビバに対して損害を賠償(訴訟費用及び弁護士費用を含みます)するものとします。
第9条(本サービスの運営、中断・停止および変更)
  1. LIXILビバは、本サービスの運営に関して裁量権を有しており、本サービスの利用を監視し、もしくは一部変更し、またはアクセス制限などの措置をとることができるものとします。
  2. LIXILビバは、次のいずれかに該当する場合、自らの判断により本サービスの運用の全部または一部を中断または停止および変更ができるものとし、これにより利用者に損害が生じたとしても一切の責任を負いません。
    1. 天災地変、政府の規則、政令の改廃・制定、政府等による命令・処分・指導等の公権力の行使、火災、疫病、パンデミックその他LIXILビバの合理的支配を超えた事態が発生し、または発生するおそれがある場合
    2. 本サービスに関連して、LIXILビバが設置または管理する設備の保守を定期的にもしくは緊急に行う場合
    3. LIXILビバが設置または管理する設備の異状・故障・障害その他本サービスを利用者に提供できない事由が生じた場合
    4. その他LIXILビバがやむを得ないと判断した場合
第10条(権利譲渡の禁止)
  1. 利用者は、予めLIXILビバの書面による承諾がない限り、本規約上の地位および本規約に基づく権利または義務の全部または一部を第三者に譲渡してはならないものとします。
  2. LIXILビバは本サービスの全部または一部をLIXILビバの裁量により第三者に譲渡することができ、その場合、譲渡された権利の範囲内で利用者のアカウントを含む本サービスに係る利用者の一切の権利が譲渡先に移転するものとします。
第11条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第12条(反社会的勢力の排除)
  1. LIXILビバは、利用者(相手方の取締役、監査役、執行役、執行役員、顧問、相談役及びその他実質的に相手方の経営若しくは運営を支配し又は相手方の経営若しくは運営に関与している者並びに本規約に基づく取引において相手方を代理又は媒介する者を含みます)が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、何らの通知、催告を行うことなく、直ちに本サービスの利用を停止することができるものとします。
    1. 暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業・団体、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団若しくはその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等反社会的勢力」といいます)であるとき、又は暴力団等反社会的勢力が相手方の経営若しくは運営に実質的に関与しているとき。
    2. 自社、自己若しくは第三者の不正な利益を図り、又は第三者に損害を与える目的をもって、暴力団等反社会的勢力の威力又は暴力団等反社会的勢力の関係者を利用するなどしているとき。
    3. 暴力団等反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど暴力団等反社会的勢力の維持、運営に協力し、若しくは関与しているとき。
    4. 本規約に関連する契約(以下「本関連契約」といいます)の当事者又は代理若しくは媒介を行う者が暴力団等反社会的勢力であることが判明し、本関連契約の解除その他の必要な措置(以下「本件措置」といいます)を講ずるよう求められたにもかかわらず、正当な理由なく直ちに本件措置を実施、完了しないとき。
    5. 暴力団等反社会的勢力との間で、法令上の義務がないにもかかわらず、暴力団等反社会的勢力の活動を助長し若しくは運営に資することとなる何らかの関係を有しているとき。
    6. 暴力団等反社会的勢力が経営若しくは運営に関与している企業、団体又は個人であることを知りながら、これを使用しているとき。
    7. 本規約に基づく取引に関し、暴力団等反社会的勢力から不当な介入を受けたにもかかわらず、当該介入の事実に関する報告を怠ったとき。
    8. 暴力的、脅迫的又は威圧的な違法行為を行ったとき。
    9. 偽計又は威力を用いて業務を妨害したとき。
    10. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年5月15日法律第77号)及び同施行規則等、企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針(平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会申合せ)並びに暴力団排除に関する条例のいずれか一つにでも違反したとき。
  2. 利用者は、自己が前項各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても当該事由のいずれにも該当しないことを確約するものとします。
  3. 本条第1項に基づく解除がなされ、LIXILビバに損害が発生したときは、利用者は、LIXILビバに生じた損害を賠償するものとします。また、利用者はこの解除と同時にLIXILビバに対して有するすべての債務についての期限の利益を喪失するものとします。
  4. 本条第1項に基づく解除がなされ、その結果利用者が損害を被ったとしても、LIXILビバは損害賠償義務を負わないものとします。
第13条(調査協力)

LIXILビバは、本サービスの利用状況に不審な点が見受けられると判断した場合等に、利用者に対し調査の協力を要請することができるものとし、利用者は合理的な範囲でこれに協力するものとします。

第14条(LIXILビバへの連絡方法)

本サービスに関する利用者のLIXILビバへのご連絡・お問い合わせは、LIXILビバが運営するwebサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームからの送信またはLIXILビバが別途指定する方法により行うものとします。

第15条(準拠法、管轄裁判所)
  1. 本規約の有効性、解釈及び履行については、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとする。
  2. LIXILビバと利用者間における本規約に関する論議・訴訟その他一切の紛争については、LIXILビバの本社所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2018年5月1日